結婚報告ハガキは、結婚式に出席してくれた人にはお礼の意味を込めて、式に招待できなかった人には、結婚の報告と挨拶のために送るもの。転居案内も兼ねているものなので、挙式後1~2ヵ月以内を目安に発送するのが基本。タイミング的に問題がなければ、暑中見舞いや年賀状と兼ねてもOK。

 

<結婚報告ハガキのポイント>

1.普段会えない知人にパートナーを知ってもらうためにも、ふたりの写真を入れるとよい。挙式披露宴の写真を使うのが一般的。

2.普段あまり交流のない親族については、親の要望も確認し、必要に応じて送る手配を。

3.文面がプリントされているものでも、必ずひと言は手書きのメッセージを書き添えるようにしよう。

4.祝電を送ってくれた人には、そのお礼を書き添えることも忘れずに。