二次会の準備は、会場の装飾、プチギフトなど。友人に幹事をお願いしている場合、会場装飾は幹事が中心に行うことになるかも。ただし、プチギフトはふたりで準備を。当日の服装も、ふたりでバランスが取れるよう、打ち合わせを。

 

<会場装飾のポイント>

二次会の雰囲気作りに欠かせない会場装飾。ウエルカムボード、メインテーブルの装花などはぜひ用意を。その際、好きな色や花などのテーマを決めるとふたりの個性が演出できて◎。

 

★会場装飾のテーマ例

◆好きな色

好きな色で会場装飾やブーケを統一。ゲストにテーマカラーを身に着けてきてもらうのもおすすめ。

 

◆好きな花

バラ、かすみ草など、好きな花をテーマに。季節の花をテーマにするのも素敵。

 

◆趣味

サッカーが好きならサッカーボール、サーフィンならサーフボードなど、趣味のアイテムを装飾に使うと、ふたりのオリジナリティが演出できる。

 

◆思い出の場所

ふたりの出身地や思い出の地をイメージさせるアイテムを取り入れた会場装飾も、ふたりの個性をアピールできる。

 

 

<プチギフトについて>

プチギフトと一緒に、ふたりのメッセージや新居の住所を書いたカードを渡すように。ふたりの感謝を表すものなので、費用はふたりで負担するのが鉄則。

 

★プチギフトの例

◆お菓子

アーモンドをチョコレートや砂糖でコーティングした「ドラジェ」は幸福のシンボルとされ、サンクスギフトにぴったり。

 

◆紅茶・アルコール

根強い人気を誇る紅茶やお茶のティーパックは、手軽に使える点が人気の理由。おしゃれなパッケージのものを選ぶように。お酒好きにはアルコールのミニボトルもおすすめ。

 

◆日用品

シンプルなフェイスタオル、入浴剤なども手軽に使えるのでギフトにぴったり。比較的安価なエコバックも、最近は持ち歩く人が急増しているので喜ばれそう。

 

◆食器・雑貨

食器は使いやすいシンプルなデザインのものを選ぼう。使う機会が多いマグカップなどがおすすめ。シンプルなカードスタンド、ミニチュア植物なども人気のアイテム。
 

<服装>

二次会当日の服装は、会場、テーマなども考えて決めるようにして。
新婦は華やかな色味のワンピース、ドレスを。広い会場であれば、ウエディングドレスを着て、ヘアスタイルを二次会用にチェンジするのもおすすめ。
新郎はタキシード、またはスーツを。ブートニアも着けるように。ネクタイなどの小物も、地味にならないように気をつけて選んで。