幹事をはじめとするスタッフはふたりで相談し、信頼して依頼できる人にお願いを。依頼するのは3ヵ月前ぐらいがベスト。幹事を依頼せず、新郎新婦が主催して二次会を開く場合も、司会や受付などは、友人に依頼しておくようにしよう。

 

<幹事&スタッフ依頼の際のポイント>

幹事をお願いする人は、気兼ねなく話せる友人であるのが大前提。さらに、企画力や実行力がある人なら◎。幹事アシスタント、司会などのサポートスタッフについては、幹事と相談しながら選んでいこう。

◆幹事

企画力や実行力に加え、責任感と人望があることも大切。忙しすぎる人は避けて。

 

◆幹事アシスタント

幹事をサポートする役目。幹事と共に行動可能な人で、気配り上手な人が最適。

 

◆司会

ハキハキと話せて、臨機応変に対応できる人が適任。

 

◆受付

丁寧に笑顔で対応できる人にお願いを。会費の管理も行うので、几帳面な人がよい。

 

<幹事との打ち合わせポイント>

幹事を決めたら、初回の打ち合わせまでにふたりの要望を話し合い、依頼内容を整理しておこう。依頼メモを作って渡せば、自分たちの要望がきっちり伝わり、打ち合わせもスムーズ。幹事もより効率的な手配が可能になるはず。

依頼メモ へ