両親やゲストへの感謝の気持ちやこれからの人生への決意を伝える花嫁の手紙。時間を作り、心を込めて準備するようにしよう。最低でも3日前ぐらいには仕上げて、しっかりと読む練習もしておくように。

 

<花嫁の手紙のポイント>

1.結婚式当日、読んだ手紙は両親に渡すものなので、文案が決まったら、便箋やカードなどに清書しよう。

2.長すぎるものはNG。ゆっくり話して3分程度で終わる長さを目安に考えて。

3.難しい表現は使わないように。やさしい言葉で自分の気持ちを表現することを心がけて。

4.文例を参考に、自分のエピソードや思いを言葉にして、丁寧に仕上げよう。

花嫁の手紙文例 を見る