引出物について

記念品と引き菓子で構成され、ご祝儀のお礼という意味合いも含めて贈るものが引出物。式の2ヵ月前ぐらいには決めておいたほうが安心。最近は、贈る相手の性別、世代、家族構成などによって贈り分けをするのが人気。定番のカタログギフトも価格帯や商品バリエーションが豊富なので、贈り分けに便利。

<費用について>

記念品の費用の平均は4000~5000円程度、引き菓子の平均は1000~1500円程度。なお、紙袋代が別途かかるほか、会場以外で引出物を手配した場合、持込料を加算されることも。必ず会場に確認を。

<選び方のポイント>

地域によって、引出物の大きさ・個数・かける金額などに対する考え方や習慣は異なるので、新郎新婦の実家の地域が異なる場合、それぞれに別のものを選んだ方がよいかも。 

<引出物の表書きについて>

奉書に紅白または金銀の水引が印刷されているのし紙を使い、水引の上に「寿」と書き、下にふたりの名前、または両家の名前(姓)を書く。その際、右側に新郎側、左側に新婦側の名前を書くように。

 <贈り分けの種類>

性別…男性には渋めの食器やグラスなど、女性にはネームバリューのあるブランドものがおすすめ。コスメやアクセサリーも人気のアイテム。

世代…年配者は「縁が切れる」「仲が壊れる」を象徴する刃物やグラスは快く思われないことも。同年代には万年筆など、センスの光るものを。

ふたりとの関係性…今後もお世話になる親族や上司には、ご祝儀に見合うお礼をきちんと返しておきたいもの。質のよさにこだわって選ぶようにしよう。同僚や友だちには、仕事や趣味に役立つ日用品などからセレクトして。

家族構成…未婚・既婚で贈り分けると◎。未婚のゲストにはペアカップや単品でおしゃれなものを。既婚のゲストには、セットタイプの器や皿を。シンプルなデザインがおすすめ。 

<サンクスギフトについて>

サンクスギフトは、ゲストのお見送りや、新郎新婦再入場のシーンで用いられる人気アイテム。お菓子や個性的な小物などを持ち込んで、ウエディングにオリジナル感をアップさせてみて。費用はゲストひとりにつき300~500円程度が一般的。

<選び方のポイント>

「何を贈るか」決まりがないぶん、こだわれるポイント。以下を参考に、ふたりのアイデアが詰まったオリジナルアイテムを準備しよう。

お菓子…アーモンドを砂糖でコーティングした「ドラジェ」が定番。地元ならではのお菓子を選んだり、手作りする花嫁が多いのも特徴。

グッズ…小物選びはセンスの見せどころ。ユニークな入浴剤やソープ、アロマキャンドルなどが人気。何種類か用意して、ゲストに応じて贈り分けても◎。